http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd わんくま同盟

わんくま同盟

わんくま同盟

メニュー

わんくま同盟

  勉強会情報

  メンバリスト

掲示板

ブログ

リンク

コメント

リンクはご自由にどぞ。
上のバナーでどぞ。
バナーは直リンクでどぞ。
加盟団体

GITCA/UGSS

上記イベント
申し込み受付中

わんくま同盟 名古屋勉強会 #20 & 第39回 名古屋アジャイル勉強会 & TEF東海 勉強会

後援:INETAロゴ/GITCA

今回の勉強会情報

2012年最初のわんくま勉強会は、名古屋アジャイル勉強会及びTEF東海と3つのコミュニティが合同でお贈りする、テスト&TDDワークショップ!
 ※ワークショップ・・・参加者の方が実際に手を動かして学習を行うスタイルの勉強会の事。
ソフトウェア開発におけるテストってなんなのか、テストを行う事で品質は上がるのか、また開発手法の1つであるTDD(テスト駆動開発)ってどうやるのか、参加者の皆さんも一緒に手を動かし・考え・体験してみませんか。


【お願い事項】
・筆記用具を持参ください。
・ノートPCを持参ください。
・コードレビューはスクリーンに投影して行います。ノートPCの外部出力が外付けアダプターの方は、VGAアダプターも持参ください。
・持参するノートPCには自分のやりたい言語の開発環境を予め入れてきておいてください。
 参考: 「主なユニットテストフレームワーク」(TDDBC wiki)


【その他】
Q. ノートPCを持参しないと参加出来ませんか?
A. ノートPCを持っていない方向けのプログラムも用意致します。お気軽にご参加ください。

Q. テストやTDDについての知識がないと参加出来ませんか?
A. 今回のイベントは、TDDでの開発を実際に行い、体験して頂く事を主目的にしています。興味をお持ちなら是非ご参加ください。

Q. ライトニングトーク(LT)に登壇希望なのですが、どうしたら登壇できますか?
A. 参加登録フォームのコメント欄に【LT希望】と記載して下さい。別途スタッフよりご連絡致します。ただし、今回はテストやTDDに関する内容に限らせていただきます。

開催日・場所

2012/01/14 10:50-17:30


会場情報:名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー 32F 株式会社エイチーム セミナールーム1

アクセス情報 :
名古屋駅より徒歩約5分

ステップバイステップによる会場までの行き方

参加料(寄付):目安1,000円 (今後のサーバ増強費、回線費、講師交通費、会場費などに充当させていただきます。よろしくおねがいいたします。)

レベルについて

スピーカー紹介

名前 写真 一言
ヤマモトさん 名古屋アジャイル勉強会スタッフの山本です。今回一緒にイベントを開くことができて嬉しいです。
TDDやテストに関する疑問や今日のワークショップへの期待について、一緒に考えてみましょう。
今日は何を持って帰れるでしょうか?
KENさん ”xxテスト”っていろんな種類があってよくわからないですよね。
皆さんとそれぞれのテストの意味を振り返りながら、テストの種類を分類し整理していこうと思います。
biacさん 「TDD入門」について喋らせてもらったあと、みなさんで実際にTDDと、作ったコードのレビューをやってもらいます。
「いっぺんくらいTDDを体験しとくのもいいか~」レベルのワークショップですので、すでにTDDを実践されている人には物足りないかもしれません(ので、そういう人はグループ内で教える側に回ってくれると嬉しい)。
TDDの面白さの体験や、「こんなやり方もあるんだ!」という感動を、ぜひお持ち帰りいただきたいと思います。

【お願い】
・TDDの演習は、言語ごとにグループを作って行います。グループプログラミング(数人で1台のPCを使う)を心掛けてください。
 (一人でコーディングしたい人に強制するわけではないです。でも、ペアプログラミングしたりグループで議論しながらプログラム作っていくのって、楽しいですよ。)
・希望があればプログラミングしていない人のために、演習時間中に別途コーディングの解説講座をおこないます。参加申し込みのコメント欄か当日にお申し出ください。

【予習】
事前に勉強が必要なわけではありませんが、TDD を真剣に学んでみようという人に。
・TDD の解説: CodeZine「C#で始めるテスト駆動開発
・当日の演習のお題:LruCacheMap
名古屋アジャイル勉強会さん 今回のイベントで一日何をやったか、何を思ったのか、ふりかえりを行い、参加者の皆さんで共有をしたいと思います。

懇親会

近所にて実施、予算4,000で実施します。

学生(社会人学生除く)の方は2000円です。当日学生証を確認させてください。

お問合せ先

メール:naka@wankuma.com
電話:締め切り時点で全員の参加者様に連絡先をお送りします。

ご注意

Q & A

Q.今回の勉強会に部外者は参加できますか?

A.どなたでも勉強会に参加できます。Welcomeです。部外者だなんて言わないでください。(^^
wankuma.comドメインの情報を見ている皆さんが参加者です。(^^

Q.参加料は何に使われるのですか?

A.わんくま同盟用のサーバ費、通信費、講師交通費、会場費などに利用されます。
ご協力よろしくお願いします。

Q.入場できない場合がありますか?

A1.応募したものの、すでに規定数に達していた場合。
A2.飲酒されている場合。進行に大きな支障がある場合。スタッフの指示に従わない場合。などがあります。気持ちよく参加しましょう。

Q.途中入場、途中退出ができますか?

A.全く問題がありません。バッジなどの返却などがありますので、受付などに相談してください。

Q.ふざけない勉強会ですか?

A.すいません。フォーマルな勉強会ではありません。変装スピーカーなんかもいるくらいです。みんなで楽しくやりましょうというコンセプトです。でもその中で1つでもなにか持って帰っていただければと思います。

Q.必要なものはありますか?

A.筆記具だけです。ただし、ネットの共有が可能であれば無線LANを開放しますので、ノートPCをもってこられると良いかもしれません(電源ケーブルなどのご用意はしておりません)。

Q.資料の事前配布はありますか?

A.資料の事前配布はありません。

Q.資料のファイル提供はありますか?/資料の締め切りに間に合わなかった場合の入手方法は?

A.勉強会当日に会場内での資料ダウンロードサービスを提供予定です。PCを当日ご持参頂くとセッション資料をppt/pptx/pdfでダウンロードしていただけます。紙資料ではなくダウンロード資料でよい方は、印刷資料なしでご応募ください。紙の削減にご協力ください。

登録フォーム

下記で収集する個人情報は、今回のイベントの出席・会場整理管理にのみ利用します。
下記に記述された内容は、中博俊およびスタッフに直接メールされます。ご理解よろしくお願いいたします。
折り返し整理番号の入ったメールをお送りしますので、到着しない場合には問い合わせください。

スピーカーとして登壇される方へ

Copyright© 2005-2006 わんくま同盟 All Rights Reserved